探偵の資格と業務について

探偵業を行うには資格は必要はありません。その代わり公安委員会に必要な届出を出す必要があります。届出を出せば、探偵を名乗ることが可能です。
届出を出す法律が制定されたのは平成19年6月以降からです。この法律は探偵業法といいます。
普通の主婦が探偵業を行っている場合もこの制度なら考えられること。探偵という職業は届出を出して認められれば、誰でもなれる職業なのです。
ただ何か資格があったほうが便利だというのはいうまでもありません。資格があれば調査をスムーズに行えることもあり、資格は取っておいて損ということはないです。
探偵の仕事として一般的なものといえば、初恋の人を探してほしい、恩師を探してほしいなどの人探しです。テレビでもよく初恋の人や恩師を探すという企画がありますが、探偵が調査をしている場合がほとんどなのかもしれません。それというのも探偵は人探しのプロだからです。
探偵の仕事は、人探しだけではありません。浮気調査や行動調査、企業や個人の信用調査、盗聴器発見調査を扱っているところもあります。
また探偵によっては、ペット調査も扱っているところもあります。ペット探し専門の探偵を名乗るところは、実際のところ探偵業法による届け出を必要とはしないので、厳密には探偵ではないことも知っておきましょう。