探偵の能力主義について

探偵という仕事は能力がないと出来ないのか?
そういうイメージがある理由としては、調査という特殊な仕事であるのから、専門的な技術や知識が求められ、もしも探偵として仕事をしても能力がないと続けることが出来ないのではないか?とかんがえるからです。
このようなイメージがあることで、探偵は能力主義であると思われているのですが、決して最初から能力主義なわけではありません。
探偵の能力は、探偵になる前に磨くことが出来ることですが、調査を初めてすぐの場合に、どんな人でも能力は高くありません。ただ、違いがあるとするなら、探偵となってから行った調査回数の多い少ないで能力に違いが出てくると思います。
そのため、探偵事務所が能力主義であるとは完全に否定することは出来ませんが、ある程度の技術と知識があれば、誰でも仕事をすることが出来ます。
探偵の能力について不安を感じる、または、どうすれば能力を高めることが出来るのかを考えたとき、参考にしてもらいたいのは、探偵学校で行う講義の内容であったり、その他にインターネットや書店にある探偵に関する情報を事前に勉強をしておくといざ調査を始めたときにもスムーズに内容を理解することが出来るでしょう。